コノサーサービス利用規約

三井物産クレジットコンサルティング株式会社(以下「当社」といいます。)は、当社が提供するコノサーサービス(第2条で定義されます。)の提供と利用に関して、以下のとおりコノサーサービス利用規約(以下「本規約」といいます。)を定めます。

コノサーサービスを利用するユーザーは、本規約のすべての記載事項について同意したものとみなします。

第1条(本規約の適用)

当社は本規約に基づきコノサーサービスを提供し、ユーザーは本規約に従ってコノサーサービスを利用するものとします。

当社は本規約以外に、コノサーサービスの利用条件について、ホームページへの掲載または本ウェブサイト上での表示(以下併せて「オンライン表示」といいます。)その他当社が適当と認める方法により定めることができるものとし、ユーザーは本規約と併せて当該利用条件を遵守するものとします。

コノサーサービスの各コンテンツについて、別途利用規約その他利用条件の定め(以下「個別規約」といいます。)がある場合、ユーザーは当該個別規約も遵守するものとします。

本規約と個別規約の内容が異なる場合には、個別規約の規定が本規約の規定に優先して適用されるものとします。

当社はユーザーの了解を得ることなく、本規約を変更することがあります。この場合に、コノサーサービスの利用条件は、変更後の最新の本規約によるものとします。変更後の本規約は、当社が別途定める場合を除き、オンライン表示した時点より、効力を生じるものとします。

第2条(用語の定義)

本規約において、次の各号に掲げる用語は当該各号に定める意味で用いるものとします。

1.本ウェブサイト
当社の運営するウェブサイト「CONOCER」(https://www.conocer.jp)をいいます。
2.コノサーサービス
本ウェブサイトにおいて、本規約に基づき当社がユーザー向けに提供するサービスの総称をいいます。
3.ユーザー
コノサーサービスを利用する目的で第6条に規定するユーザー登録を行ったユーザーをいいます。

第3条(免責条項)

当社は、ユーザーに事前の通知なくして、コノサーサービスのサービス内容を変更または終了することがあります。

当社は、コノサーサービスにおいて、正確な情報を提供するように可能な範囲で努力しますが、正確性、完全性または特定目的への適合性を保証するものではありません。また第三者の権利の非侵害性について如何なる保証も行ないません。

コノサーサービスに掲載されている情報は、掲載した時点での情報です。掲載した時点以降に掲載している情報は予告なしに追加・変更・削除される場合があります。

当社はユーザーがコノサーサービスによって提供を受ける成果物及び情報を利用することにより発生した損害に関しては一切の責任を負いません。

第4条(サービスの一時中断または停止)

当社は次の何れかの事由に該当する場合、ユーザーに事前の通知なくして、コノサーサービスの提供の一部若しくは全部を一時中断または停止する事があります。

(1)天変地異、戦争、内乱、暴動、騒擾、労働争議、その他労使関係上の争議、不可避の事故、法定制限、停電、などの不可抗力。

(2)電気通信事業者、通信ネットワークまたはユーザーが契約するインターネットサービスプロバイダのサービス停止など当社の合理的な管理を超える原因および運用。

(3)コノサーサービスの提供にかかわる装置またはシステム、ソフトウェアの点検、保守または更新の場合。

(4)ディスプレイ上の表示またはプリンタによる印字または記憶装置への保存の不具合。

(5)ユーザーの端末機器およびその他のソフトウェアに与えた何らかの影響。

前項の規定によるコノサーサービスの一時中断・停止によりユーザーまたは第三者が被った損害・不利益については、当社は理由の如何を問わず一切の責任を負いません。

第5条(知的財産権)

ユーザーは、コノサーサービスに掲載する一切のコンテンツについての著作権、ノウハウその他知的財産権等全ての権利が、当社または当社にコンテンツを提供している提携先に留保されていることを承認するものとします。

第6条(ユーザー登録)

登録希望者は、当社の定める一定の情報(以下、「登録情報」といいます。)を当社の定める方法で当社に提供(以下、「ユーザー登録」といいます。)することによってコノサーサービスを利用することができます。

但し、ユーザーが次の各号の一に該当する場合、当社はユーザー登録を拒否することができるものとし、登録後であっても、当該ユーザーのユーザー登録を削除することができるものとします。ユーザー登録の削除によりユーザーまたは第三者が被った損害・不利益については、当社は理由の如何を問わず一切の責任を負いません。

(1) 本規約に違反するおそれ又は明確な違反があると当社が判断した場合

(2) 虚偽の事実を当社に通知したことが判明した場合

(3) 過去に本サービスの会員登録抹消処分を受けたことがある場合

(4) ユーザーが所属する法人又は団体等が当社の競合先であると認識した場合

(5) 最終ログイン日より連続して6ヵ月以上利用実績がない場合

(6) その他当社がユーザー登録を不適当と判断した場合

第7条(ID およびパスワード)

(1) ユーザーは、IDおよびパスワードを第三者に使用されないよう、自らの責任において厳重に管理しなければならず、その責任はユーザーが負うものとします。

(2) 当社に登録されているユーザーのID及びパスワードと当社が受信したID及びパスワードが一致した場合には、当社は正式なユーザーからの送信とみなします。

(3) ユーザーは登録したID及びパスワードを使用してコノサーサービス上でなされた一切の行為は、本人が行ったか否かを問わず、ユーザーがその責任を負います。

(4) ユーザーはID及びパスワードの盗難または第三者による不正使用の事実を知った場合、直ちにその旨を当社に連絡し、当社の指示に従うものとします。

(5) ユーザーがID及びパスワードを紛失した場合、ユーザーはその旨を当社に通知し、当社の指示に従うものとします。

(6) ユーザーは、当社の定める方法及び手順により当社に通知することにより、ユーザー登録の削除を申し出ることができます。

第8条(登録情報の変更)

ユーザーは、当社への登録情報に変更が発生した場合は、当社に対し、速やかに変更の手続きを行わなければなりません。これを怠ったことにより、ユーザーに不具合が発生しても、当社は、一切の責任を負いません。

第9条(ユーザーのデータの取り扱い)

ユーザーがコノサーサービスのサーバーに保存しているデータについて、当社ではバックアップの義務を負わないものとし、ユーザーご自身においてバックアップを行うものとします。

第10条(禁止事項)

ユーザーは以下の行為を行ってはなりません。ユーザーにおいて、次の各号の一に該当する行為又は事実があったときは、ユーザーに対し何らの通知催告もなしに契約を解除することができます。

(1) 本規約に基づき得た成果物及び情報(ID及びパスワードを含む)を、ユーザーの取引先を含め第三者に開示・漏洩する行為(理由の如何を問わず、また口頭・文書等の手段を問わない)。

(2) 本規約に基づき得た成果物及び情報を、法令に反する方法で利用する行為。

(3) 本規約に基づき得た成果物及び情報を、違法の目的・公序良俗に反する目的に使用する行為。

(4) 他のユーザーの秘密情報やプライバシーを侵害する行為(パスワードの不正利用を含む)、及び侵害する恐れのある行為。

(5) 理由・手段を問わず、当社の運営を妨害する行為、またはその恐れのある行為。

(6) 理由・手段を問わず、当社に損害を生じさせる行為、またはその恐れのある行為。

(7) データの改竄、不正アクセスの実施・不正アクセスを試みる行為。

(8) 本規約に違反する行為。

第11条(反社会的勢力排除条項)

(1) ユーザーは、ユーザーが、暴力団、暴力団関係団体・企業又は関係者、その他反社会的勢力又はその構成員(以下総称して「暴力団員等」という)ではなく、且つ、そのおそれもないことを表明し、保証します。

(2) 当社は、前項によるユーザーの表明・保証が真実、且つ、正確であることを前提として本規約に基づきコノサーサービスを提供するものであり、ユーザーにおいて、次の各号の一に該当する行為又は事実があったときは、ユーザーに対し何らの通知催告なしに契約を解除することができます。

1 暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律第2条第1号乃至6号に規定する者であることが判明したとき

2 ユーザーが所属する法人及び団体等の代表者、責任者又は実質的に経営権を有するものが暴力団員等であることが判明したとき

3 無差別大量殺人行為を行った団体の規制に関する法律に基づき処分を受けた者又は団体であることが判明したとき

4 組織的な犯罪の処罰及び犯罪収益の規制等に関する法律に定める犯罪収益等隠匿及び犯罪収益等収受を行っている者又は団体であることが判明したとき

5 貸金業法第24条第3項に定める取立て制限者若しくはこれに類する団体であることが判明したとき

6 暴力団員等との取引があることが判明したとき

7 暴力団員等を利用して当社に対して詐術、暴力的行為又は脅迫的言辞を用いたとき

第12条(個人情報の取扱等)

当社はコノサーサービスのサービス提供を行うために、ユーザーから提供された個人情報を別途定める「個人情報保護方針」に基づき適切に取り扱うものとします。

当社は、コノサーサービスの利用に際し、ユーザーの利用するコンピュータにクッキーと呼ばれるウェブ画面を閲覧する際、ウェブサイトのサーバーからユーザー側のハードディスクやメモリに小さなデータファイルを送ることでユーザーを確認する仕組みを送付する場合が御座います。当社がクッキーとして送るテキストファイルには、個人を特定するような情報は含んでいません。ユーザーはブラウザの設定によりクッキーを拒否することができますが、その場合、コノサーサービスのサービスが利用できないことがあります。

第13条(登録情報の利用)

1.ご入力頂いた登録情報は、コノサーサービスを利用出来る環境を整える為、並びに、当社製品・サービス等に関する情報を案内する為に必要な範囲内で使用させて頂きます。

2.当社は、ユーザーのコノサーサービスの利用にかかる統計的集計データを当社の裁量により利用・公表等できるものとします。

第14条(準拠法と管轄裁判所)

コノサーサービスの利用ならびにコノサーサービスに関わる事項については、他に別段の定めのない限り、日本国法に準拠するものとします。また、コノサーサービスの利用に関する争訟については、他に別段の定めのない限り、東京地方裁判所を第一審の専属管轄裁判所とします。