結果が表示されました

チェックした条件   米国(アメリカ合衆国) x 海外現地取引 x 売り手 x 株主がよくわからない現地企業

この取引の概要

再チェックが必要な現地販売 です

この取引の特徴・注意すべき点 (2017-11-20時点)

【国・地域の留意点】
・上場企業でも国によっては決算数値の信憑性が低い場合があるので注意
・クレジットマネージャーという職種が確立しており、情報機関を介さない情報交換が活発〈アメリカ合衆国〉
・公開会社を除き決算書の取得は困難、ユーザンス(支払猶予期間)は総じて短く、支払振りをより重視〈アメリカ合衆国〉
・S/A(Sociedade Anonima)は決算書の開示義務有り〈ブラジル〉

【現地販売の留意点】
・現地パートナー(※)を起用する場合、エンドユーザー(最終的な自社製品購入者)が見えづらくなるので注意
 ※エージェント/ブローカー/仲介人など
・現地の取引慣行を逸脱した取引条件には注意

 株主が不明です!

【株主がよくわからない現地企業との取引の留意点】
・取るべき情報の範囲が分からないため、必要以上に情報収集してしまわないように注意
・十分な判断材料がない状態でのリスクの取り過ぎ(過剰なリスクテイク)、リスクの取らなさ過ぎ(保守的な判断)に注意
・親会社が分からないので、何かあった時の協力要請が困難
・上場企業か非上場か、株主は誰かといった企業の特徴を踏まえ、把握すべき情報の範囲を決めて、再チェックすることをお勧めします

海外企業との取引にはトラブルがたくさん!!

こういった落とし穴にはまらないように、あなたの海外取引のリスクチェックをはじめましょう!

この取引のチェックシート <入手した情報を整理してみよう>

全体で 32 のチェック項目があります。