結果が表示されました

チェックした条件   インド x 海外現地取引 x 売り手 x 現地の上場企業

この取引の概要

判断が比較的容易な現地販売 です

この取引の特徴・注意すべき点 (2017-11-20時点)

【国・地域の留意点】
・上場企業でも国によっては決算数値の信憑性が低い場合があるので注意
・法制度の整備状況により、決算書開示義務の順守割合が高い国は決算書取得が比較的容易
・裁判になると長期化することも多いため、仲裁など合理的な紛争解決手段の取決めが重要
・事業活動を確認できないペーパーカンパニーには注意が必要〈香港〉

【現地販売の留意点】
・現地パートナー(※)を起用する場合、エンドユーザー(最終的な自社製品購入者)が見えづらくなるので注意
 ※エージェント/ブローカー/仲介人など
・現地の取引慣行を逸脱した取引条件には注意

【現地の上場企業との取引の留意点】
・公開情報(ホームページ、投資家向け情報など)を使って情報(事業内容・財務状況・脚注等)を収集し、分析することが必要
・外部の評価(株価や格付機関の格付)を参照して、自分の分析と比較(情報開示以降の業況トレンドの把握など)
・業界上位の他社(上場企業)の情報を収集し、比較分析することも有効

海外企業との取引にはトラブルがたくさん!!

こういった落とし穴にはまらないように、あなたの海外取引のリスクチェックをはじめましょう!

この取引のチェックシート <入手した情報を整理してみよう>

全体で 32 のチェック項目があります。