法的紛争の有無は?その企業は存在する?その企業は安全?

よく分かる!
様々なチェック項目

社名(中国語表記・英語表記) / 設立時期 / 統一社会信用コード / 従業員数 / 所在地 / 事業内容 / 登録資本金 / 法定業務内容 / 株主と持株比率 / 主要役員 / 子会社・関係会社情報 / 営業設備 / 仕入先・販売先情報 / 輸出入情報 / 信用記録 / 訴訟記録 / 業界トレンド / 財務情報(貸借対照表、損益計算書) / 主要財務比率

主要都市はもちろん
中国国内全エリア対象(*)

上海市、北京市、天津市、重慶市、武漢(湖北省)、大連(遼寧省)、瀋陽(遼寧省)、広州(広東省)、深圳(広東省)、東莞(広東省)、蘇州(江蘇省)、南京(江蘇省)、西安(陝西省)、成都(四川省)、長春(吉林省)、青島(山東省)、杭州(浙江省)
(*) 香港除く

中国ビジネスにリスクを感じる企業が9割

「リスクマネジメントの強化必要性を感じる」が88.0 %
9割近くとなり、今後中国ビジネスにおいてリスクマネジメント
(与信・債権管理)の強化を必要と感じる企業が大半を占める

出典:
三井物産クレジットコンサルティング株式会社ウェブサイト
2016/3/3ニュースリリース
「中国ビジネスに関する意識・実態調査」結果を公開~中国ビジネスにリスクを感じる企業が9割超~
https://www.mitsui-credit.com/news/2016/00801.html

中国との取引にリスクを感じますか?

安心取引のために。
「プロが勧めるレポート」を入手しましょう。

世の中には様々な信用調査レポートがあります

見やすい日本語レポート

決算書分析サポート・格付サービスつき

最新情報を約1週間で入手

安心できる!いろいろなポイント

調査レポートのイメージ
  • 現地に行かずに、言語が分からなくても調査・情報収集できる
  • 新規調査でも10日程(約1週間)。 お急ぎの場合、最短4営業日
  • 中国全域・全企業で調査可能
  • その企業が存在するのか、取引を行うのに十分な信用があるかどうかの判断材料が入手できます。
  • 三井物産のリスクマネジメントノウハウを凝縮したMCC格付(信用評価)をご活用頂けます。

調査レポートお渡しまでの流れ

STEP 1

調査したい中国企業の企業名、住所、URL等を教えてください

STEP 2

利用目的等に応じた、最適な調査レポート候補をご提案いたします

STEP 3

ご提案を基に、貴社にフィットするレポートを選定・ご依頼ください

STEP 4

1週間程(10日以内)にレポートをお届け。お急ぎの場合は最短4営業日でレポートが届きます

ユーザーズボイス
実際に収集したアンケートでも、たくさんのお喜びの声を頂いています。

以前から、取引において債権回収の問題が発生していたため、該当会社の信用情報を入手したいと考えていました。担当者の方の丁寧な対応と、妥当な初期価格設定だったため購入しました。事前に取引先の情報が入手できますし、大変心強いです。

グローバル翻訳サービス Y・S様

スタートアップ企業の情報が、オープンに存在していないため、的確な基礎情報を把握したいと思っていました。担当の方の迅速な対応と料金の手ごろさで、すぐに購入しました。納品についても早めに受領することができ、満足しています。

新規事業開発 T・K様

こちらが求めている情報が取れるのか分からなかったのですが、バックボーンが三井物産ということもあり、ほかの競合サービスよりも安心感を持って、コンタクトさせて頂きました。一回の費用を抑えることができ、なおかつ情報が取れる説明も頂いたので、費用に見合うものが手に入ると思い購入させて頂きました。

家庭用電気機械器具メーカー R・S様

アンケート回答用紙

専門家の視点でお伝えしたいこと

お伝えしたいこと イメージ画像

中国企業の信用調査レポートを活用すべき理由

どんな業種・業態においても、ビジネス(商売)とは、企業間の価値の交換と言えます。一般的には、「会社のお金」と「物やサービス(役務)」を交換するケースが一般的です。この価値の交換をするにあたっては、「相手が信用できる」ということが前提になっています。信用できない相手に、貴方の大切なお金や商品を渡すことは、怖くてできませんよね。では、どうやって、「相手が信用できるか」をはかるのか?そこでは、“必要十分な情報”を“タイムリーに”入手することが、まずは求められます。国内企業であれば、すぐに訪問して話を聞いたり、自分の眼で確かめたり、一次情報の入手が容易にできます。一方、中国企業の場合、そう簡単ではありません。そこで、低コストに二次情報(中国企業の信用調査レポート)を入手し、ざっくりと概要を把握した上で、必要に応じて直接訪問をし、一次情報を取得することが合理的といえます。

お伝えしたいこと イメージ画像

どのような中国企業信用調査レポートを入手すべきか?

情報取得の目的と条件(どのような項目を、どのぐらいのコストで、いつまでに入手したいのか)に応じて、複数の調査会社を併用することをお勧めします。複数の調査会社を利用することで、特性や長所が異なる複数の調査会社の“いいとこどり”が可能なためです。

お伝えしたいこと イメージ画像

自社で使い分けをするのは手間だし、面倒では?

そのために、コノサーでは専門のサポートメンバーが、お客様のリクエストに応じてお勧めの調査会社を“レコメンド”します。三井物産グループとして、ユーザーの立場で数多くの信用調査レポートを利用してきたノウハウを活用し、最適な調査を提案いたします。

お伝えしたいこと イメージ画像

こんなお客様をサポートするためにコノサーがあります

コノサーのお客様は、中国ビジネスの拡大フェーズの企業がほとんどです。そのような企業では、人員と予算が限られており、一人が複数の役回りを担うことが一般的で、取引先企業の情報把握も上手くできていないケースがよくあります。コノサーは、単に信用調査レポートをご提供するだけでなく、情報の分析や判断のご支援も可能です。

コノサー

調査レポートの利用料金

調査レポートの価格帯

きめ細かいフォローで分かりやすいレポートをお届けします。
中国企業と取引する前に調査レポートを入手しよう

様々なサービス

中国取引のための情報収集なら

みんなの海外取引ブログ

みんなの海外取引ブログ

海外各国の注目ニュースや業界情報などを随時掲載!会員様限定のコンテンツもご覧いただけます。

みんなの海外取引ブログ

海外与信管理を行うなら

コノサー

コノサー

海外取引のリスク管理にこれから 力を入れていきたい企業様に最適な、プロのノウハウを詰め込んだサービスです。

コノサー